スポンサードリンク

プロフィール

kuma社長

Author:kuma社長
自己紹介はこちらをごらんください



くま社長コメント:本革製で手触り感が◎目先の予定に追われている中でも、自分のやりたいことを実現したい人に最適
教育再生会議の中心的メンバーでもある(株)ワタミ社長、渡邉美樹氏監修の手帳です。くま社長も使い倒しています!

こちらもご覧ください

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

読みニケーション 会話力向上に一役

読みニケーション 会話力向上に一役
(産経新聞2007年4月10日)

平成7年から全国の学校で始業前に10分程度本に向かう「朝の読書」を普及してきた朝の読書推進協議会(事務局・出版流通会社「トーハン」、東京)が昨年12月、「うちどく(家読)」運動をスタートさせた。

 家族で読書をする習慣をつけ、家庭に一冊、感想などをつづるための読書録をつくり、親子間で好きな本をすすめたり、感想を語り合おうと呼びかけている。

 長年にわたる「朝読」活動で現場の教諭の意見を聞き、「いじめ問題の深刻化など子供たちの心が殺伐としているのは、家族の会話不足にも原因があるのでは」と同協議会の佐川二亮(つぐすけ)事務局長は感じたという。そこで親子が同じ本を読むことによって家族共通の会話のタネをまけば、コミュニケーションが増えるのではないかと考えた。

 うちどくのホームページでは、大人も子供も楽しめる書籍約180点を紹介。家族一緒に読書歴や感想を記録する「うちどくノート」が無料でダウンロードできる。


くま社長は、小さい頃は本を読むのは嫌いでした。
じっとしてるのが苦手というか、つい眠くなっちゃうんですよね(笑
しかし、ふとしたきっかけで本が大好きになり、歴史モノから伝記モノ、地図や物語ものなど毎日のように図書館に行って借りていた記憶があります。小さい時分だと、読めない字も多いのですがそこは適当に読み飛ばして(笑)なんとなーく意味が通じるように読み替えてたように思いますね。

本を小さい頃から読む習慣を身に着けておくことはとても大事なことだと思います。
例えば物事の想像力は文字を追うことで、「次はどんな展開が待っているんだろう」とか、「自分がもし主人公の立場だったらどうするだろう」とか考えることを繰り返すことで身に着きます。

はじめは関心がなかったことも、何度か意識して情報に触れていくことで興味がわいていつの間にかはまってたり・・・という経験は大人であれば一つや二つどころじゃなくあると思います。
そういう体験を小さい頃から親と一緒にしていくことはとってもいい子育てになるだろうなあ・・と思うんですよね。

今現在、本を読むのはあまり好きじゃない・・・という人はまず、
ドラマなどの小説本(ノベライズ)からでもいいと思いますからまず興味のあるものから手にとって読んでみてはどうでしょう?


参考:うちどくホームページ

スポンサーサイト
教育関連ニュース | 【2007-04-10(Tue) 21:20:10】 | Trackback:(0) | Comments:(2)

子どもに「ゆとり」を与えなかったゆとり教育の失敗と教育再生

子どもに「ゆとり」を与えなかったゆとり教育の失敗と教育再生
(IT+PLUS連載コラム「宋文洲の単刀直入」 2006年10月16日)

「やっぱり変だよ日本の営業―競争力回復への提案」という著書などで有名なソフトブレーン マネージメントアドバイザー宋氏のコラムの中で共感できた話題があったので引用します。

ゆとりを与えられたのは子供達ではなく実は教師の方ではないでしょうか。膨大な国家予算を使いながらも、公立学校は必要最低限の教育しかできなくなりました。普通の学力レベルに達するためには塾に通わないといけない教育になってしまいました。私立学校も教師達が生徒の塾通いを前提に授業を行います。

 世間では今、日本の子供達はゆとりを持っているから世界の教育レベルについていけないと言いますが、僕はそうは思いません。そもそもこの数年の「ゆとり教育」は少しも子供達にゆとりを与えていなかったのです。

 ゆとりとは暇ではありません。子供達の一人ひとりの特徴を精査したうえで、その子に合った誘導を行えば、勉強そのものが遊びになり、忙しくてもゆとりがあるのです。

そのものすばりだと思います。特に、「ゆとりとは暇ではない」という、ごくごく当たり前のことがなにか勘違いされてきたのではないかと思うくらいです。

日本の教育の問題は10年前も今も同じです。それは才覚の異なる子供達を同じ能力、同じレベルに引き上げるという前近代的な教育思想があるからです。良い学校に行くことはつまり決まった「受験能力」をより多く身につけることです。自立する能力、異なる環境に適用する能力、そしてゼロベースでものを考える能力はほとんど未開発のまま、親達の受験戦争に巻き込まれているのです。


教育の現場に自分がいるわけではないので実際はわかりませんが、「自立する能力、異なる環境に適用する能力、そしてゼロベースでものを考える能力はほとんど未開発のまま、親達の受験戦争に巻き込まれている」生徒が多いことは確かにそうだろうと共感します。先日のエントリでも事例に触れましたが、いわゆる「学力」だけではなく「生きる力」を「のびのびと生徒の自主性に任せる」などと分かりにくい表現ではなく、より具体的に開発することが必要なのではないかと思います。

ゼロベースでものを考える能力って、本当に必要だと思いますよ。
なにもない状況から自らをどのように形作っていくのかということですからね。

教育関連ニュース | 【2007-04-04(Wed) 06:45:16】 | Trackback:(0) | Comments:(0)

教育再生会議の分科会、「道徳を正式教科」で一致

教育再生会議の分科会、「道徳を正式教科」で一致
(読売新聞2007年3月30日)

政府の教育再生会議第1分科会(学校再生)は29日、首相官邸で会合を開き、学校で最低限の社会規範などを教えるため、「道徳」を小中高校の学習指導要領で正式な教科と位置づけることで一致した。

 教科名は「徳育」とする案などが出ている。道徳の授業は現在、小中学校で週1時間行われている。ただ、正式な教科ではないため、成績評価の対象外で、専用の教科書もなく、授業の実態が不透明との指摘があった。高校では道徳の時間はない。

 ただ、道徳を正式な教科とする場合、〈1〉どのような教科書を作るべきか〈2〉客観的な成績評価方法を確立できるか〈3〉担当教員に数学や英語などの教科と同じような形で免許を与えることが適当かどうか――などの検討課題がある。

私自身が小学校のときにこういう取り組みをしてほしかったなあ・・というのが正直な感想ですニセマ○オ
教育再生会議第1分科会の会議資料を紐解くと、現行学習指導要領では、道徳の内容を4つの視点から示しておりその内容は

①自分自身・・・望ましい生活習慣を身に付ける、着実にやり抜く強い意志をもつ、よいことと悪いことの区別をする、真理を愛する、自己の向上を図るなど
②他の人とのかかわり・・・礼儀正しくする、思いやりの心をもつ、互いに励まし合う、それぞれの個性や立場を尊重するなど
③自然や崇高なものとのかかわり・・・自然や動植物を大切にする、生命を大切にする心をもつ、人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつなど
④集団や社会とのかかわり・・・役割と責任を自覚し集団生活の向上に努める、法やきまりを守る、公徳心を高め、よりよい社会の実現に努める、郷土や国を愛しその発展に努める、世界の平和と人類の幸福に貢献するなど

となっているようです。
また、今回の分科会で揚がったたたき台で記事の内容となっていくのですが、これら4つの視点を取り込みかつ、子供達に分かりやすい内容の教科書を作るにはかなりの時間がかかると思います。時間をかけてしっかりしたものを作るという視点は大切だと思いますが、いまやこの道徳教育を進めることは急務でもあります。まずはコミュニケーション能力の向上から取り組んでいき、段階を踏んで改革していくことも大事なのではないかなと思います。

教育関連ニュース | 【2007-04-01(Sun) 22:00:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
スカイプで話そう!

My status ↑上のボタンがオンラインの時に押すと会話が無料で出来ます♪

くま社長運営ブログです♪
仲間のブログです♪
お気に入りブログ
埼玉情報ブログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。