スポンサードリンク

プロフィール

kuma社長

Author:kuma社長
自己紹介はこちらをごらんください



くま社長コメント:本革製で手触り感が◎目先の予定に追われている中でも、自分のやりたいことを実現したい人に最適
教育再生会議の中心的メンバーでもある(株)ワタミ社長、渡邉美樹氏監修の手帳です。くま社長も使い倒しています!

こちらもご覧ください

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

教育再生会議の分科会、「道徳を正式教科」で一致

教育再生会議の分科会、「道徳を正式教科」で一致
(読売新聞2007年3月30日)

政府の教育再生会議第1分科会(学校再生)は29日、首相官邸で会合を開き、学校で最低限の社会規範などを教えるため、「道徳」を小中高校の学習指導要領で正式な教科と位置づけることで一致した。

 教科名は「徳育」とする案などが出ている。道徳の授業は現在、小中学校で週1時間行われている。ただ、正式な教科ではないため、成績評価の対象外で、専用の教科書もなく、授業の実態が不透明との指摘があった。高校では道徳の時間はない。

 ただ、道徳を正式な教科とする場合、〈1〉どのような教科書を作るべきか〈2〉客観的な成績評価方法を確立できるか〈3〉担当教員に数学や英語などの教科と同じような形で免許を与えることが適当かどうか――などの検討課題がある。

私自身が小学校のときにこういう取り組みをしてほしかったなあ・・というのが正直な感想ですニセマ○オ
教育再生会議第1分科会の会議資料を紐解くと、現行学習指導要領では、道徳の内容を4つの視点から示しておりその内容は

①自分自身・・・望ましい生活習慣を身に付ける、着実にやり抜く強い意志をもつ、よいことと悪いことの区別をする、真理を愛する、自己の向上を図るなど
②他の人とのかかわり・・・礼儀正しくする、思いやりの心をもつ、互いに励まし合う、それぞれの個性や立場を尊重するなど
③自然や崇高なものとのかかわり・・・自然や動植物を大切にする、生命を大切にする心をもつ、人間の力を超えたものに対する畏敬の念をもつなど
④集団や社会とのかかわり・・・役割と責任を自覚し集団生活の向上に努める、法やきまりを守る、公徳心を高め、よりよい社会の実現に努める、郷土や国を愛しその発展に努める、世界の平和と人類の幸福に貢献するなど

となっているようです。
また、今回の分科会で揚がったたたき台で記事の内容となっていくのですが、これら4つの視点を取り込みかつ、子供達に分かりやすい内容の教科書を作るにはかなりの時間がかかると思います。時間をかけてしっかりしたものを作るという視点は大切だと思いますが、いまやこの道徳教育を進めることは急務でもあります。まずはコミュニケーション能力の向上から取り組んでいき、段階を踏んで改革していくことも大事なのではないかなと思います。
スポンサーサイト


教育関連ニュース | 【2007-04-01(Sun) 22:00:29】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スカイプで話そう!

My status ↑上のボタンがオンラインの時に押すと会話が無料で出来ます♪

くま社長運営ブログです♪
仲間のブログです♪
お気に入りブログ
埼玉情報ブログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。