スポンサードリンク

プロフィール

kuma社長

Author:kuma社長
自己紹介はこちらをごらんください



くま社長コメント:本革製で手触り感が◎目先の予定に追われている中でも、自分のやりたいことを実現したい人に最適
教育再生会議の中心的メンバーでもある(株)ワタミ社長、渡邉美樹氏監修の手帳です。くま社長も使い倒しています!

こちらもご覧ください

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ にほんブログ村 地域生活ブログ 埼玉情報へ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)

ネット広告は押しつけず「愛着」養え 自動車大手の新戦略

ネット広告は押しつけず「愛着」養え 自動車大手の新戦略
(産経新聞2007年3月24日)

自動車やバイクメーカーが、インターネット上で個性的なコンテンツ(情報の内容)を提供して、自社ファンの獲得を目指している。仮想空間でのドライブ体験や、同じ趣味を持つ者同士の交流を実現するなど、ネットならではのサービスが好評だ。各社にとって、若い世代を中心とした自動車やバイクへの関心低下は軽視できない悩み。利用者が情報を選び取るネットの特性を生かし、商品への愛着心をかき立てようとしている。

バイクや自動車など、日常生活において活躍する場面の多い商品をどのように顧客に販売するかというテーマは日夜研究を重ねられてきていますが、このような展開はこれからもますます増えていくことでしょう。
実は、このような取り組みは中小企業にこそ力をいれてほしいとくま社長は考えており、これからの販売促進には「物語」をいかに商品に持たせ、その世界を顧客と共に作り上げていくかを提案しています。

と、いうのも「企業」と「顧客」のこれからの関係は「愛着」「親近感」をどれだけ強くしていくかにシフトしていくからです。一例を挙げると、有名なバイクのブランドである「ハーレーダビッドソン」では、そのユーザーとコミュニティをつくり、ツーリングクラブなどを積極的に展開しています。徹底的に顧客との関係を強くすることで、「ハーレー」というブランドに愛着をもってもらうことに成功しています。

自社の商品や経営理念などの「想い」に、活き活きと活躍する「物語」をもたせることができないか。
ぜひ考えてほしいと思います。

参考:
スポンサーサイト


ビジネスニュース | 【2007-04-04(Wed) 09:30:15】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スカイプで話そう!

My status ↑上のボタンがオンラインの時に押すと会話が無料で出来ます♪

くま社長運営ブログです♪
仲間のブログです♪
お気に入りブログ
埼玉情報ブログ
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。